なくなった部分に新しい木をはめ込む

Acoustic Guitar | Martin
image of body of Martin
Before repair
image of body of Martin
After repair

ギターを落としてトップが割れるというと大体ここ、ロアーバウトといわれる胴の一番ふくれたところだ。

このギターの場合はバインディングもなくなっていたので、まずバインディングを作るところからスタートだ。このバインディングというのが意外とクセモノ で、黒、白の幅がほんのわずか 0.1ミリだけ違っても意外と目につくものなのだ。したがって、その製作、接着 にあたってはかなりの精度を要求されるのである。

つぎに木目の流れに合わせて挿入部分を切り取るのだが、傷のついていないバインディングはできるだけ残すようにしなければならない。アクリル 板で挿入部の正確な型を作り、その型をコアで作った板に両面テープで固定し、ルーターを使って挿入部を作る。ニューセクションの接着ができたらバインディングを着けて塗装をする。

Related Projects

image of the cracks on headstock
image of the shaped headstock
image of custting the headstock