普通のベースをアップライトベースとして弾くための改造

Electric Bass | B.C. Rich

これは改造といえるほど派手なものではないが、こんなアイデアもあるという一例だ。

持ち主は最初はアップライトのベース弾きだった。このベースもアップライト・ポジションで弾いてみたいが、ストラップを使って普通の弾き方もできるように もしてほしいとのこと。そこで、ブラスでストラップピンとしても使えるアンカーを作った。そのアンカーにはスティール・ロッドが入るように穴があいてい る。ボディーの中心にもピックアップ付近まで穴があいていて、ロッドの長さを調整してベースの高さが変えられるようになっている。もちろんベースをケース にしまうときはロッドは取りはずせるというわけだ。ストラップを使うときはブラスのアンカーをストラップボタンとして使えばよい。

アイデアとしては面白いのだが、演奏時にベースが安定せず、弾きづらいいとのことで結局はストラップを使って弾くようになったようだ。

ギターと奏者との間になにかスペーサーのようなものを着けられるようにしておけばギターが安定して弾きやすくなるはずだ。

Related Projects

image of the fretless jazz bass
custom made jack holder
making a double neck guitar