真ん中で折れたネックをなおす

Electric Guitar | Odyssey
image of broken neck
image of broken neck

70年代に流行ったブラスをたくさん使ったギターだ。

普通ネック折れというと、ネックとヘッドのジョイント部に起こることが多いが、このように本当にネックの真ん中が折れているというケースはまれである。ネックのマホガニーは複雑骨折、指板のエボニーも割れ、トラスロッドも曲がってしまうというネック折れの一級品だ。

ネック折れやクラックを修理する場合、まず壊れたところがうまく元に戻るかどうか試してみる必要がある。もしも割れた隙間に木のかけらが入っていたり、細かく割れた所が、押しつぶされてうまく戻らないようだったら、無理に戻そうとしてはいけない。なぜうまく戻らないのか、よく調べてから臨機応変にその修理方法を変えていかなければ、元に戻らないどころか、かえって傷を大きくしてしまいかねない。

このギターの場合は、トラスロッドまで曲がってしまっているため、割れの状態を細かく調べることができない。そこで、トラスロッドを抜き取って割れた場所がうまく元通りに戻るかどうかを調べるために、まず指板を取りはずすことが修理の第一歩である。したがって、このようなケースの場合は、見積もりをするためにある程度のところまで作業を進めていかなければならず、依頼者との間にはっきりとした了解を取っておく必要がある。

image of reparing the neck

フレットボードをはずしてトラスロッドも抜き取った状態である。調べてみると、なんとか元に戻りそうだ。

 

 

 

image of clamping the neckクラックの隅々にまで接着剤を浸透させ、添え木を当ててクランプでしっかりと締め付けておく。

 

 

 

image of the neck repaired

いつもうまくいくとは限らないが、木や塗装が欠けてなくなっていなければ、接着しただけでもかなりの状態に戻るものである。

 

 

 

image of reparing the fretboard

指板は別々にネックに接着してサンディングしてからフレットを打ち直してやる。

この写真ではよく解らないがエボニーの場合はほとんど修理のあとがわからなくなるまで直すことができる。割れていたのは10フレット目である。

Related Projects

image of the cracks on headstock
image of the shaped headstock
image of custting the headstock