アコースティックギター

close look of the new bridge
オリジナルブリッジを写真をもとに複製する

修理前 修理後 ブリッジ、ピックガード そして表面板の復元である。 主な修理内容 •ピックガードの除去 •ブリ...

Continue Reading
image of damaged sound hole
ヴィンテージギターのサウンドホールの端の部分を修復する

修理前 修理後 これは古いギターにはよくあるケースで、サウンドホールがピックによって摩耗してしまったというもの...

Continue Reading
Image of martin 018
バインディングを残して、トップだけを新しく取り替える

36年のマーチン 0-18だ。60年もの長い間に修理を重ね、これ以上は修理をしても意味がないという状態だった。...

Continue Reading
image of custom jack
特別注文のジャックプレートを作る

これは非常によくあるケースなのだが、ピックアップを取り付けたいのだが、ギターには穴を開けたくない、オリジナルの...

Continue Reading
image of broken head
無くなったモザイクを付け足してヘッド折れを直す

低価格のギターに使われている材料が、必ずしも悪いとはかぎらないが、材料が厳選されていないのは確かである。 ギタ...

Continue Reading
image of broken headstock
無くなった部分の木目を合わせてヘッド折れを直す

ネック折れは、リペアーショップでもっとも多い修理のひとつだろう。昔はピンを埋めたり、ファイバーグラスで固めたり...

Continue Reading
image of F-hole
壊れた f-hole を直し、ネック裏を新しく作り直す

30年代のフルアコである。 一級品とはいえないが、それでも各所に良い材料を使って、一応トップは削り出しである。...

Continue Reading
image of Martin D45
インレイのあるトップを取り替える

人気のあるミュージシャンは色々な環境のもとで演奏する機会も多く、彼らのギターは潮風に曝されることもあれば、90...

Continue Reading
image of Martin D-45
トップの割れを移植によってなおす

ヴィンテージギターとして価値のあるギター、あるいは一般市場で高価なギターが本来の意味で名器であるか?というと、...

Continue Reading