Home         Art of guitar repair         Custom design guitar         Clients         Contact




 





  ネック折れはリペアーショップでもっとも多い修理のひとつだろう。昔はピンを埋めたり、ファイバーグラスで固めたりと荒っぽい修理がよくみら れたが、接着面がしっかりしていればそこまでしなくても十分に強度は出るはずだ。ただしそれはまったく新しい修理に対してだけいえることで、誰かがへたに 修理をした後では特別な技術が必要になってくる。

この場合は新しい割れなので市販の木工用接着剤で十分だが、一カ所木のなくなってしまったところがあるので少し面倒である。1弦チューナー穴の側に白っぽく見えるところがそうだ。




  つなぎ目が木目と直角になるとジョイントをわからなくすることは不可能だが、木目に沿って接着すると、木の選択さえ間違えなければほとんどわからなくなる。

新しいマホガニーはチューナー穴の下側左から一つ目と二つ目の穴にかけて斜めに接着してあるが、修理をした本人でもわからないくらいだ。

 

 

©2006-2011 by Shuriya Guitarcraft. All rights reserved.