Home         Art of guitar repair         Custom design guitar         Clients         Contact




 





  これもよくあるケースだが、欠けた部品をただボンドでくっつけただけで、クランプで押さえることもせず、塗装もしていない。そのため溝にゴミやホコリが刷り込まれているし、恐らく汚れた手で汚れた接着剤を使ったのだろう、接着面さえも黒ずんでいた。

し かもも木目と直角にヒビの入っているところもあるのでオリジナルのパーツを使ってもなかなかきれいには仕上がらない。そこでその部分を木目に沿って1ミリ 弱の深さで削り取り、新しいメイプルを張りつけることで修理をした。すぐ側に Contour Body のシールが張ってありそれを傷つけないように塗装をしなければならないので注意が必要だ。

古いフェンダーのシールには上に塗料が殆どのっていないので、うっかりマスキングテープなんかでカバーするとテープを剥がしたときにシールまで一緒に剥がれてしまって取り返しのつかないことになってしまう恐れがある。

 

 

©2006-2011 by Shuriya Guitarcraft. All rights reserved.